ゲスト・招待選手

大会ゲスト

瀬古利彦

瀬古 利彦さん

1956年7月15日生まれ、三重県出身。

名実ともに日本長距離界、マラソンブームを牽引してきた第一人者。
現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。圧倒的な強さを誇る。
ロサンゼルス五輪、ソウル五輪男子マラソン日本代表。
現役引退後は指導者の道に進み、オリンピック選手を3名輩出するなど後進の育成に注力した。
現在は「DeNAアスレティックスエリート アドバイザー」として活動中。
野口みずき

野口 みずきさん

1978年7月3日生まれ、三重県出身。

2002年名古屋国際女子マラソンで初マラソン初優勝を飾り、03年パリ世界選手権で銀メダルを獲得し、五輪代表に内定。
2004年アテネ五輪女子マラソンで金メダルを獲得し、2大会連続の日本人金メダルをもたらす。
2005年ベルリンマラソンでアジア記録、日本記録(2時間19分12秒)を更新して優勝。
東京五輪の日本人最初の聖火ランナーを務める。

招待選手

川内優輝

川内 優輝さん

所属 あいおいニッセイ同和損保/東京
年齢 36歳
自己ベスト 2:07:27(2021びわ湖毎日マラソン)

■主な成績
 2023マラソングランドチャンピオンシップ(MGC) 4位 2:09:18
 2023大阪マラソン 12位 2:07:35
 2021びわ湖毎日マラソン 10位 2:07:27
 2018ボストンマラソン  優勝 2:15:58
 2017ロンドン世界選手権 9位 2:12:19
 2016福岡国際マラソン  3位 2:09:11
 2011テグ、2013モスクワ、2017ロンドン、2019ドーハ世界選手権マラソン日本代表
川内 侑子

川内 侑子さん

所属 あいおいニッセイ同和損保/東京
年齢 38歳
自己ベスト 2:31:39(名古屋ウィメンズマラソン2014)

■主な成績
 2019バンクーバーマラソン 優勝 2:41:28
 2017函館ハーフマラソン 優勝 1:13:37
 2013~2015 クイーンズ駅伝3連覇
松村幸栄

松村 幸栄さん

■主な成績
 2021年プリンセス駅伝1区
 公認Akabane10k 2022 優勝
 大阪マラソン2022 4位
 第33回霞ヶ浦マラソン兼国際ブラインドマラソン2023 優勝 大会新
 2023第7回いわて奥州きらめきマラソン 優勝 大会新
 2023函館マラソン 優勝
 北海道マラソン2023 4位

■自己記録
 10km 34:09 / 30km 1:51:15 / マラソン 2:37:24
床呂沙紀

床呂 沙紀さん

松阪市飯高町出身で、地元三重県で行われた美し国三重市町対抗駅伝に9回出場するなど、数々の成績を残している。

■主な成績
 いびがわマラソン2016でマラソン初優勝
 第26回福知山マラソン、奈良マラソン2016優勝

■自己記録
 マラソン 2:32:11
Official Partner
  • Platinum partners 株式会社 北村組
  • JPF
  • Gold partners 岡三証券
  • 三十三フィナンシャルグループ
  • Silver partners 日本土建 株式会社
  • オムロンヘルスケア株式会社
  • 宇野重工株式会社
  • 瀬古食品有限会社
  • 住友理工株式会社
  • Wear partners ファイテン
  • Drink partners 大塚製薬株式会社
  • Mobility partners 株式会社ホンダカーズ三重
  • Bronze partners 第一生命保険株式会社
  • 松阪木材 株式会社
  • (医)桜木記念病院
  • 丸亀産業 株式会社
  • 永谷園フーズ
  • 株式会社 夕刊三重新聞社
  • クラギ株式会社
  • 株式会社 松阪電子計算センター
  • 有限会社 三重パイピング工業
  • 有限会社 岡井博進堂
  • NTN株式会社 三雲製作所
  • 株式会社 百五銀行
  • 株式会社 ミツイバウ・マテリアル
  • 辻製油株式会社
  • 住友電装(株)・SWS西日本(株)
  • セントラル硝子プロダクツ株式会社
  • 猿田彦珈琲
  • 株式会社 松和産業
業務発注情報
松阪市
中日新聞社
MCC(マラソンチャレンジカップ)
Collaboration
TOKYO MARATHON
玉名いだてんマラソン
ダウン・ザ・テッシ
スポーツのチカラ【公式】